地中レーダ探査のよくあるご質問

探査機器の作業半径はどれ位必要ですか?

レーダアンテナは、レーダ機本体の中心部(外寸から50センチ内側)に設けられています。壁や柱が位置する場合、それらの境界から50センチ程度離れた位置までが走査対象となります。足場ベース周り、仮囲い基礎周辺などでは作業が制約されます。

 

防爆仕様ですか?

探査機は非防爆仕様となります。プラント内など作業時に制限が伴う特殊な工場内での作業などは、事前にご確認ください。

 

検出が困難な埋設物はどんなものですか?

■周囲の地層と同質化している埋設物
年数が経過した投棄物など。

 

■平面的広がりを帯びない物体
垂直に打たれた杭など。

 

■規模の小さな物体
石片などで直径50p以下は探知が困難になります。

 

調査可能な深度はどれくらいですか?

測定面から1.5M程度まとなります。
※調査条件によって異なります。

 

調査ができない地表面にどの様な状況が挙げられますか?

■地中レーダ自体の走査や調査員の立ち入りが困難な場所では調査できません。
・鉄板敷。
・植栽や草木が密に茂る場所。
・岩場など起伏が激しい地形。
・資材が密集しておかれている倉庫内、撤去材や砕石等が散乱する工事現場など。
・土間下など動線の確保が出来ない箇所。

 

調査に適さない立地環境はどのような状況がが挙げられますか?

■電磁波の減衰が予想される環境での調査は適しません。
・沿岸部、地下水位が高い場所
・みず場
・病院施設のMRI室付近など電磁波の干渉が大きい場所。
・鉄道施設の近く、アンテナ塔の付近
・高厚なコンクリート面
・建設作業場など車路面に敷かれた鋼板面など

 

調査によって人体や周辺へ影響はありますか?

電磁波は地中レーダから地中方向へ照射される為、人体や近隣への干渉は皆無にい近く、影響はほとんど有りません。
ただし、設備保全上、鉄道軌道内、空港敷地内などでは制約が設けられている場合があります。

 

探査機の販売や技術講習などは行っていますか?

探査機の販売、レンタル、や技術講習は行っておりません。誠に恐れ入りますが、各メーカー様へご相談頂きます様お願い申し上げます。

 

問い合わせや相談、調査の依頼先はどちらですか?
トップへ戻る