温かい皆様の支えあって今日も企業活動を続けられる事に感謝致します。
少しづつですが活動状況をお伝え致します(更新日と撮影日は少し差異が生じる場合が有ります)。

<<前のページ | 次のページ>>
2016年4月15日
熊本県で発生した大規模地震


4月14日、熊本県で大規模な地震が発生しました。

被害は極めて大きく、いまだ余震が続いているとのことです。
またライフラインでは水道の断水や停電など大変な影響が出ています。

東日本大震災で私たちがおかれた状況から、
現地では多くの方々が不安な状況におられるかと思うと、とても心がいたみます。

九州地方にはかつて調査作業で赴かせて頂きましたが、
現地の皆様から温かく接して頂き、弊社にとって思いの深い場所でもあります。

皆様のご無事と一日も早い復興を社員一同心から願っております。
微力でも私たちができる事を行ってまいりたいと思います。



平成28年4月15日
有限会社ルーテン 社員一同

2016年2月
管路診断 東京都



東京都にて管路診断をさせて頂きました。


写真は高速道路高架下の交差点内での作業状況です。

手前に見えるのは深掘削対応型の地中レーダでMade in Japan製です。
地中レーダに精通した専門の調査手により慎重に画像診断を行っていきます。


交通量の多い場所であることから、様々な交通状況を想定した保安誘導に加え、
作業にあたって各個人の細心の心構えが必要となります。


弊社では路上作業も多数行ってきましたが、
事故無く今日まで無事に至っています。

この日もガードマンさんをはじめ、
皆様のお力添えを頂き、安全に作業を終える事が出来ました。
これは本当に有り難いことだと思います。


この様な旧来の地形形状を基礎にした立体交差点などでは、
埋設物の深度は深い場合が多く、水道、電気、通信、排水など新旧様々な埋設管類が入り組む様に複雑に敷設されていることも珍しくはありません。


 ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・ 


「ナンバー1」・「オンリー1」を目指す「Made in Japan」の開発姿勢は、過去の大戦の焼け野原から復興し、技術立国、工業立国として世界を牽引するまでに至らせた数多くの技術者達の思いが詰まった苦労と努力の結晶であり、日本が世界に対し歴然と誇れる事だと思います。

一技術者として、この思いは平和と発展の為に未来に受け継がれて欲しいものです。
そして今の子供たちが夢を持てる小さなきっかけになれば、これはとても嬉しいことです。

子供たちが夢や希望を持てる事...
これによって現代の教育現場が抱える問題について、
解決される部分が多いのではないかなとも感じます。

その為には、今の働き世代がしっかりとした見本でいなければなりませんね。


 ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・  ・ ・ ・ 


この現場の調査条件は最も深い埋設箇所で深度10メートル近くまで及んでおりましたが、
極めて高精度に診断結果を導く事ができました。

弊社の技術理念は 『 不可能を可能にする技術 』 です。



2016年 1-12月

   


調査業務 / お問い合せ / サイトマップ / ポリシー
Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.