ホームページをご覧いただき誠ににありがとうございます

弊社は「地球を守るテクノロジー」を理念に、弊社は「地球を守るテクノロジー」を理念に、漏水調査をはじめとする地下探査、及び管工事や土木工事を行っている会社です。

「探査」と聞くと、日常生活では馴みの薄い方もいらしゃると思います。

 

覧頂いている弊社のホームページは企業活動さることながら、来て下さった全ての皆様に御理解頂ける様、弊社テーマの一つである「環境の保全」についてコンセプトにしております。

 

そして創業当時より使用しております丸い地球をイメージしたロゴマークは、弊社の理念をもとに作成して頂いたものです。

弊社の作業車両

 

環境問題と言えば地球温暖化から始まり、オゾン層破壊、森林伐採が主にあげられましたが、昨今では水資源の枯渇、異常気象、大気・土壌汚染、アスベスト、二酸化炭素排出権問題やサンゴ白化と連鎖、産廃問題、エネルギー問題を含め企業や経済活動の責任が問われ、環境資源どれ一つとして欠かせないものであるという事を、世界中の人々が認識させられた時代でもあります。

 

先の愛知万博で話題となったユカギルマンモスは、現代にその雄姿を現しましたが、発掘の背景には環境変異による永久凍土の融解という現実を物語っています。

 

歴史の講義で「産業革命」による都市の問題を学ばれたご記憶をお持ちの方もいらしゃると思いますが、もはや過去の1ページではなく、現実問題として直面しています。

 

 

また、近年の日本社会は、パイプライン、道路、エネルギー施設など社会のあらゆるライフライン類が高機能化している一方で、それらについての利便性だけではなく、「安全で確かなもの」にしなければならないという責任があります。

 

これを実現する為には、「急いでやります!ハイ終わりです!!・・・」という単純生産では決して対応はできません。

 

「スピード」や「コスト」にばかりにとらわられてしまい、肝心な品質やその後の安全性が損なわれてしまうといった事が、建築設計や耐震構造において表面化し、これは皆様のご記憶に新しいことと思います。

 

先のホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領の国連スピーチでは「私たちは経済を支配しているつもりが、いつの間にか経済に支配されてしまっている」とは、まさしく言い得ていると感じています。

 

今こそ、経済に負けない日本人が大切にしてきた「モノつくりのこころ」を再起させるときなのではないでしょうか。

 

環境、資源、設備の保全対策が求められる昨今、私達で行える事・小さな事から始めて行きたいと思います。

 

弊社の技術開発ポリシーは「不可能を可能にする」技術」です。

 

貴重なお時間をご精読に賜り、厚く御礼を申し上げます。

トップへ戻る