漏水調査の工法について

弁栓音聴

水道管用の音聴棒を使い異状音を聞き取るもので、漏水地点が近い(又は遠い)といった距離的な推測を行います。原理としては、漏れ出した水量と管(欠損口)が摩擦する事により異状音が発せられ、異状音は減衰しながら水中や配管材質を伝播していきます。実際の現場では、様々な音波が地下で共鳴や共振となり作用している為、注意が必要です。

 

 

 

 

 

路面音聴

漏水探知器を使って音を電気的に増幅し聞き取る従来方式です。欠損口から噴出した水量が周辺埋設土を流失させると空間(地下空洞)が生じ、異状音が発現します。
異状音の帯域について弊社の研究結果では、給水などの小口径樹脂管(HIVP20φ程度 300Hz〜)、消火配管などの小口径金属管(600Hz〜)、送水管などの大口径管(800Hz〜)が有効と考えています。都市部では排水管の流下音が漏水箇所から生じる異状音を減衰させているケースも多く、配水本管や交差点などの路面下大口径管における診断に際しては慎重を期す必要があります。

 

 

 

電子音聴

電子化された感振棒を用い、デジタルによる音圧測定並びに聴音を行います。
埋設面よりボーリングを行い感振部を地中へ貫入したり、弁栓部などで計測します。

 

感振部の先端は鋭利な形状である為、地中へ貫入する際に検査対象配管に接触させてしまうと、欠損の拡大や腐食誘発のリスクを生じます。
地中へ貫入する際は、十分な地下状況の確認を行った上で実施する必要があります。

 

 

 

相関法

バルブなどへセンサーを敷設し、各センサー間に帰着する異状音の返り時間差を演算し、異状音の発生地点について距離表現を行います。
配管高低差を含めた管路長、口径、配管材質など厳正な管路情報が必須となります。

 

実際の現場では機械音や他企業管の流下音なども存在しています。相関式は簡易に実施可能ですが、測定環境によって演算精度は干渉を受けやすいため注意します。

 

 

トレーサーガス調査

ガス探査(トレーサーガス)は、ヘリウムガスや窒素などの化工(精製)ガスを管へ充填し、地上へ浮き上がるガスを捕捉する方式です。効果を高めるために、管内の水抜きを十分にドライ化します。地表面が舗装されていない場合に有効です。ボーリングの必要性から、既存埋設物への破断防止の為、図面のご提供をお願い致します。

 

※追記
精度、環境保護の面を踏まえ、弊社では2015年をもってお取り扱い終了。、

 

 

 

 

 

音波帯域の測定
※新技術
低周波帯域の変調を検測する事により漏水箇所を特定します。弊社独自に開発、運用している技術です。

 

・極めて検知精度の高い方式であり、微量な漏水、深い配管にも効果的です。
・アスファルト、コンクリート、タイルなど高密面での調査も可能です。
・官公庁施設、水道局様、各民間施設においても高評価を受け認可採用されています。
・弊社独自の仕様となります(他社様では扱っておりません)。

 

 

 

地中レーダ法

地中断面画像(レーダ画像)をもとに探知を行う技術です。水量滞留による特異な誘電率の差異を解析対象としたもので、専門の技術員による解析を行います。
・ガス調査や音聴調査では対応困難な現場においても成果をあげています。
・官公庁施設、水道局様、各民間施設においても高評価を受け認可採用されています。
・近代に登場した技術です。弊社では更なる高度解析を目指し、独自に開発を進めています。

 

 

※各情報は、弊社実地における試験値、研究、考察が含まれ、知的財産に相当します(法令による保護の対象となり、正式な告知を伴わない無断な転載や転用はできません。ご理解頂きますようお願い申し上げます)。

トップへ戻る