地中レーダ探査とは

地中レーダによる探査状況

電磁波を地下へ鉛直照射し地下断面画像を解析することにより、管路、空洞、遺構などを探知します。

 

 

弊社の地下探査用ご案内リーフレットです。ご案内リーフレット
印刷はA4サイズの縦になります。

弊社は国家重要施設をはじめ、公共、民間施設で多数の成果を挙げております。

調査例

管路の調査

地中レーダによる埋設物の検知例
水道管をはじめとする管路、電気配線・ボックスなどを探知します。

埋設管路の健全性調査

破損した管の内部実例

埋設管の折損、破断による土砂の流入箇所などを検知します。

漏水調査への技術応用

レーダ画像の例

独自に深照性能の開発を進めた高精度調査方式です。

地層状況の調査

地層状況の解析例

路面下など地下に生じた陥没や空洞を検知します。

埋没物の調査

埋没物の例

地中の埋設物、管渠、基礎等を探知します。

主なご対応地域

関東 東京・埼玉・茨城・千葉・ 神奈川   
中部 山梨・長野
東海 静岡

着手までの所要日数・所要工期

着手日までの所要日数

着手まで(レーダ探査)

ご依頼から3〜7日程度。
※お急ぎの場合、ご相談下さい。

 

工期の目安(深照深度等の状況により異なります)

形態 現場例 規模 工期
一般的な敷地内 さら地・施設内など 50坪程度 半日
敷地外 道路上、交差点など 50坪程度 半日〜1日

レーダ探査について詳しくは以下のページをご覧ください。

以下をご確認頂き、お問合せフォーム等からご連絡下さい。@地形資料をご用意ください(例)現地の写真など。地形図、施工図、フリーハンド図など(無い場合は結構です)。A立地状況や地表面の現況(例)さら地、工場の敷地内、交通量の多い交差点など。(例)アスファルト、コンクリート、土など。B調査の目的、調べたい物体(例)建築工事に際し、既存の埋設物や管路を確認したい。路面に起伏が発生している為、地下空洞が形成...

物理現象には地温、放射能、電気質、音波、パルス波をはじめとする電磁波があげられます。物理探査とは人工的な物理現象を構造物や地表などの表面へ作用させ、測定することで内部の状態を非破壊で調べるものです。代表的なものに地中レーダ探査が有ります。

探査機器の作業半径はどれ位必要ですか?レーダアンテナは、レーダ機本体の中心部(外寸から50センチ内側)に設けられています。壁や柱が位置する場合、それらの境界から50センチ程度離れた位置までが走査対象となります。足場ベース周り、仮囲い基礎周辺などでは作業が制約されます。防爆仕様ですか?本器自体に危険性はありません。弊社では過去に事故が発生したケースもございません。探査機は非防爆仕様となり、動力はバッ...

トップへ戻る