漏水を掘削せずに調査します

漏水調査とは、水道など埋設配管の水漏れ(漏水)箇所を掘削せずに検査する技術。

 

配管に「ピンホール」や「割れ」が生じると、水道代が高くなるなどの異状が発生します。調査によって漏水箇所がピンポイントで分かれば、無駄な管の引き直しや掘削をせずに修理可能となります。

【知識】見つかる、見つからないのメカニズム

最近多いご相談に、「数社からトレーサーガス検査をしてもらっているが、解決できず困っています」といったものがあります。

 

原因は舗装層が邪魔をする為です。コンクリートやアスファルトといった地面の場合、ヘリウム・チッソといた検査ガスは地上に浮いて来ずらくなります。結果、地上の探知機側ではガスを感知できない為、なかなか漏水は見つかりません。これは科学的に考えれば、ごく自然です。

 

調査方式にはそれぞれ適性があります。調査方式の選定次第では、お客様へ余計なご負担を負わせてしまう事になります。

 

調査を例えるなら「医療」と同じです。用いる技術によって効果に差が生じます。

 

弊社では専門性の高い調査を行っており、難度の高い現場にあっても、効果的なアプローチにより精度と速度をもって解決します。

 

Yutube微量な漏水の現場事例へのリンク
現場事例を動画にてご説明しています(Youutube:RootenTechnical)。

 

弊社のご案内リーフレットです。ご案内リーフレット
印刷はA4サイズの縦になります。

 

ルーテンの特徴 -独自技術で高精度-

協力工場と技術開発にも取り組んでおり、精度を重視。
一般的な調査方式だけでなく、独自の技術を有しています。

トレーサーガスや音聴で見つからない漏水も多数解決。

弊社は住宅や施設など規模に関わらず、すべての調査現場へ技術者(管工事に関する有国家資格者)を配しています。法令順守の下、安全かつ技術的・科学的に問題解決へ寄り添う姿勢が、難現場にも対応する弊社の技術力につながっています。

管路が分からない場合

管路を的確に検出する事はとても重要です。管路分からなければ、調査や工事に結びつけることはできません。

 

一般的には、図面が無い場合や、非金属の漏水などでは、管路の探知が困難であり、漏水を探す以前の問題となっていました。

 

弊社では地下探査を行ってる点も特徴のひとつです。その独自技術により、漏水反応を検知するだけでなく、管路の深照も精度的に行っています。

住宅、プラント、本管から特殊な管まで広く対応

敷地内の配管各種

 

・水道管(給水、共用散水、給湯、井水)
・消火配管(屋外消火栓、屋内消火栓、連結送水管、乾・湿式、スプリンクラー)
・循環配管(プール、冷温水、床暖房)
・その他(ディスポ―ザー、圧送式排水)
など

水道管、消火配管の事例

 

配水本管等大口径パイプライン各種

 

・水道局配水本管など水道事業者様等企業管各種
・農業用水利、工業用水
・熱源システム(地域冷暖房配管、温泉管、融雪管)
・その他(送泥管、海水配管)
など

水道管、大口径パイプラインの事例

 

ご対応していない調査

機器特性上、ご対応しておりませんので予めご了承下さい。

■雨漏り(屋根、壁の破損)

■防水の破損(浴室床や浴槽のクラックにより、階下から水が染み出す)

■自然流下式の排水管破損(水道メーターは回っていないが、台所や浴室で排水すると下階から水が染み出す)

だれにでも簡単にできる漏水調査の方法(水道メーターの見方)

 

漏れの原因が水道かそれ以外(例えば排水)であるかを調べるには、水を使わない状態で量水器(水道メーター)を見ます。パイロットが回転していれば原因は水道、回転していなければ水道以外です。

分かり易い水漏れの調査方法をYutubeで説明しています。

 

DIY
水道メーターによる調査方法を分かりやすくご紹介。

 

 

精度

漏水位置のピンポイント検出が可能であるかの参考値(弊社実地)。

戸建等の給水
φ13〜程度

施設等の給水
φ25〜程度

連結送水・
消火

プール配管、冷温水循環配管 配水本管等大口径パイプライン
最小漏水検知量(1カ所・毎分当り)

0.3〜0.5リットル
※最小0.1

0.5〜1.0リットル
※最小0.1

0.3〜0.5リットル 0.5リットル 通常運用条件で0.4リットル
深照深度(測定面からの鉛直深度)

1.5M
※最大2M

2.5M
※最大5M

2.5M
※最大5M

2.0M
※最大5M

6.0M
※最大10M

管損傷部位からの平面差異 0.2M以内 0.2M以内 0.2M以内 0.2M以内 1M以内
成功実績 9割強 ※難現場(特殊現場、他社様からの引継現場)を含む

微量な漏水、難しい環境でも漏水箇所を極めてピンポイント特定。
深さ10メートル程度迄深照しています。

迅速にご対応(地域 ・ 着手 ・ 工期)

主なご対応地域
関東 東京(23区、都下)・埼玉・茨城・千葉・神奈川・ 群馬・ 栃木

※本管、基地、大規模プラント等のお客様左記の地域以外へも出張します。

個人宅のお客様
千葉北西部、東京23区、横浜市、川崎市、さいたま市迄となります。 

中部 山梨・長野
東海 静岡
着手までの日数の目安

ご依頼から3〜7日程度
※平日、土日祝、夜間対応。
※お急ぎの場合、別途、早急対応します。

迅速対応を心がけています。依頼したのに中々着手しないといったご心配は不要です。

工期の例

形態 現地での標準的な作業期間
住宅 戸建 2〜3 時間
マンション 共用散水栓 半日〜1日
小売店舗 CVS、SS 2〜3 時間
商業施設、配送施設 ホームセンター、ショッピングモール、倉庫 半日〜1日
教育、福祉、医療施設 小学校〜高校、介護施設 半日〜1日
キャンパス全体、総合・国立病院 1日〜2日
大型施設 プラント、基地 1日〜(規模、作業条件による)
プール 教育施設、競技施設、遊戯施設 1日〜2日
大口径パイプライン 水道局様本管、地域冷暖房、農業用水利 1日〜(測線長による)

 作業時間を大幅にく短縮化、一般的な現場では半日から1日程度です。

この様な事でお困りならご相談下さい

正確な検査、確度が求められる現場 高精度、短工期に漏水箇所を特定したい。
解決されない現場、他に解決方法がないか?

複数の業者様で検査するも、解決至らず放置。
「掘らないと分からない」、「配管を新たに引き直すしかない」との提案に困惑している。

管路不明

図面が無く手立てがない。
非金属管の漏水。

プラント等保全管理施設(トレーサーガスを使わずに調査したい)

安全、衛生が求められる施設の調査。
ISO1400事業所。

消防試験 消防検査における漏水是正。
早急の現場

竣工引き渡し直前。水道料金の異状上昇。
出水量の低下。ポンプの異状回転。

 

漏水修理(即日修繕や修理業者様がいない場合など)

調査から修理まで即日に済ませたい、お知り合いの修理業者様がいない等ご要望に応じ、修繕工事のご相談を賜ります(資材や修繕箇所の状況によります)。

 

尚、工事業者様を斡旋するものではなく、弊社工事部門にて責任をもって直接施工します。

 

※水道局指定
東京都水道局・千葉県企業局(千葉県水道局)・横浜市水道局・さいたま市水道局・川崎市水道局・佐倉市水道事業・ 習志野市企業局

 

 

関連ページ

水道管用の音聴棒を使い異状音を聞き取るもので、漏水地点が近い(又は遠い)といった距離的な推測を行います。原理としては、漏れ出した水量と管(欠損口)が摩擦する事により異状音が発せられ、異状音は減衰しながら水中や配管材質を伝播していきます。実際の現場では、様々な音波が地下で共鳴や共振となり作用している為、注意が必要です。漏水探知器を使って音を電気的に増幅し聞き取る従来方式です。欠損口から噴出した水量が...

水道一般一般給水によく用いられる「硬質ポリ塩化ビニル管(VP、HIVP)」は、融着式ポリエチレン管にありがちな木の根や石片等の鋭角部による穴開きといった心配の低い長寿命な硬質の管材であり、日本の水道技術の高さがうかがわれる代表的な管です。漏水の傾向としては、管の曲がりなどウオーターハンマー等による負荷が著しい箇所の「割れ破損」や「抜け」によるものが見受けられます。一方、比較的近年に登場した「融着式...

他の漏水調査会社様との違いは有りますか?一般的な工法のみならず、独自の技術で高精度、短工期で対応しており、他調査会社様による未解決現場も多く解決しています。又、工事部門を有し、水道局様の指定を受けております。即日の漏水修理工事もご相談に応じます。検査工法に効果の違いは有りますか?近年では新しい工法も開発されています。また、検査工法によっても適性は大きく異なります。分かりやすい例でご説明すると、「音...

トップへ戻る